楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazonの多店舗展開 EC-CUBEでTポイント Magentoエクステンション

複数モール情報をAPIで一元管理、作業を自動化しらくらく運営

EC24ロゴ

API全面採用のクラウドサーバで24時間365日、全自動運営

楽天市場などの商品情報、注文情報、在庫情報、決済情報を最新のAPI技術を利用して一括管理および自動化するサービスです。

運営される方にラクになって頂くことが最大の目的のサービスです。

APIで手間を省いて運営業務を効率化

EC24の実際の動き

これまで多くの独自ECサイト(本店)の構築や各モールとのデータ連携などのシステム開発を行いつつ、当社でもシステム開発会社でありながら実際に商品を販売しておりました。そのECサイトの開発やモールを運営を行う中で、システム開発者として面倒な部分や売上を向上させるのが大変なことが理解でき、知識やノウハウも溜まりました。 その知識とノウハウをシステムとして提供して欲しいとお客様に言われたのが、この「EC24」を開発するきっかけになりました。これまでバラバラに開発してきたシステムやツールをもう一度見直し、更に簡単に使えるように再構築して提供しようと構想してから2年、実際に開発着手してから1年間を掛けて作り上げました。

開発途中で部分的にお客様や自社で利用し何回も作り直しをしつつ、各モールの方々にデモを行いアドバイスを頂いた結果として納得のいくレベルの完成度になりました。 多店舗展開システムとは、複数のモールや店舗からの商品、注文、在庫、決済情報を一括管理し業務の処理効率を向上させることが目的であります。「EC24」は「業務の更なるスピードアップ」と「売上・利益の向上」の目的を新たに追加しております。

特徴

「EC24」はモールや独自サイトなど複数店舗の商品、注文、在庫、決済を一括管理する多店舗展開システムです。ネット販売業務を自動化することを最大の目的に業務内容を根本から見直し一から構築したシステムであります。自動化させるために各モールやシステムから提供されている最新のAPIを全面的に採用して実現しております。

ブラウザ上で動作しますので、接続人数に関係なく利用することが可能であり、レスポンシブデザインを採用しておりますので、パソコン以外でもタブレットやスマートフォンでも動作するように設計されております。

主な機能

商品登録
商品は共通情報から各モール・店舗用に自動的に反映し容易に管理することができます。また、各モール・店舗毎に商品情報を個別に設定も可能であり、各モール・店舗への反映もAPIを利用しているのでCSV出力なしで直接モールに対して処理することができます。商品API以外にもジャンル・タブIDの検索用APIも利用しており、これまで面倒であった情報登録を容易に商品情報を作成できます。
注文処理
注文メールや注文CSVを取得して注文処理を行うのではなく、注文APIと決済APIを利用して処理を自動化することができます。例えば、在庫があり、クレジット決済のオーソリもOKの場合は、出荷待ちまで処理が自動的に遷移します。更に、あす楽などの注文を一覧から把握することができますので、急ぎの出荷を先に処理することも可能です。配送会社の出荷データを反映させると自動的に注文が処理済になります。
在庫連携
複数店舗を運営している場合の最大の問題が在庫数の管理です。店舗別に在庫設定を行うのではなく、複数店舗で共通の在庫数を設定し、注文が入れば他の店舗の在庫数を自動的に減らします。逆に商品が入庫された場合は複数店舗の在庫を更新しますので、各店舗の在庫数を一括管理することができます。「売り残し」を極力減らすことが可能です。
APIの全面採用
モールから提供されているAPIを全面的に採用することで、CSVやメール情報など手動で対応していた手間を省くだけではなく、24時間365日自動的に確実に処理することができます。事務所に出社してから注文処理を行うのではなく、自動化されていない処理だけ対応することで、コストの削減、処理時間の短縮が可能になります。毎日同じ作業をする必要が無くなります。
オプション機能
商品登録、注文処理、在庫管理、決済処理などネット通販する上での業務処理は一通り標準機能としてご用意しております。更に売上を向上させる機能や、これまで実現が困難であった機能については、オプション機能として提供予定です。

●EC24はAPIを利用しているため、ご利用店舗によって各モールとのAPI契約等が別途必要になります。

よくある質問

APIしか利用できないのですか?
業務を最大限に自動化する目的で構築したシステムですので、システム間(EC24と楽天間)でデータを直結させるためにはAPIを利用しないと実現できません。よって、24時間365日稼働させるためにAPIのみの利用になります。「EC24」を利用する場合は各モールでAPIの利用申請が事前に必要になります。
他のモールへの対応はどのようになっていますか?
APIが利用できるようになったモールから順次開発し提供しております。現在、楽天市場・Yahoo!ショッピング・ヤフオク!・Amazonに対応させて頂いております。
【お知らせ】プレリリース提供に関しまして EC24のプレリリース版の提供は2016年9月末日を持ちまして終了させていただきます。
その為、現在登録受付は終了させていただいておりますので何卒ご了承ください。
また、期間中にご利用いただきましたお客様には心よりお礼を申し上げます。

EC24に関するお問い合わせは、ページ下部にある「お問い合わせページへ」からお問い合わせください。
お問い合わせページへ