ECで購入するための重要なこと

ネット販売での顧客動向が気になり、調べていたら経済産業省から「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました- 国内BtoC-EC 市場規模は11.2兆円に成長 -」という調査結果があり読んでみました。

驚いたことは、日本消費者のEC利用時のサイト選択基準で第3位が「商品の検索/絞込みができる」ことが上がっていることです。第4位が「送料がかからない(要は送料無料)」よりも選択肢として商品の検索を日本人は重要視しているということになります。

確かに当社のシステム導入のお客さまで検索(絞込み)をカスタマイズして欲しいとの要望は多く頂いており、独自サイトの検索機能のカスタマイズを実施しておりました。

その点、楽天市場などのモールでは、モール全体の検索は可能ですが、自店舗内での絞り込み機能は弱くなっております。

そこで、当社で提供している楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、AmazonとAPIで連携できる多店舗展開システムであるEC24を利用すれば、楽天市場の自店舗内だけで利用できる絞り込み機能を追加機能として作成できるのではないかと企画しております。

検索・絞り込み機能を充実できれば、楽天市場などのモールからの売上向上が期待できるし、購入されるお客さまの利便性も高まっていくのでかなり有効な機能かと考えております。

経済産業省以外でも、インターネット白書2013-2014 すべてがつながる未来へ (NextPublishing)もありますので、こちらも併せて読んでおく必要があります。


08. 1月 2015 by EC技研
Categories: EC24-多店舗展開システム | ECで購入するための重要なこと はコメントを受け付けていません。