楽天市場での検索対象項目

楽天市場で売上を増やして欲しいとの要望に応えるために当社で最初に実施するのが検索対策です。

いくら商品が魅力的でも、商品ページで多くの情報を提供していても、アクセスされなければ意味がありません。
多くの楽天市場で成功されている店舗は検索対策、費用対効果の高い広告などアクセスされる頻度を高めておられます。

アクセスを増やすためには、どのようなキーワードを選ぶのかが重要であるのは皆さん知っておられると思いますが、実は楽天市場の商品情報には楽天の検索対象になりますよとちゃんと書いております。

その楽天市場の検索対象の商品項目は、以下の通りです。

  1. 商品番号
  2. PC用キャッチコピー
  3. モバイル用キャッチコピー
  4. 商品名
  5. PC用商品説明文
  6. モバイル用商品説明文
  7. スマートフォン用商品説明文
  8. カタログID

驚きなのが商品番号です。この項目にSKUなどの半角英数字を利用しているかと思いますが、実は全角文字も入力できます。

このように、楽天市場でアクセスを増やすためには検索対策を行う必要がありますが、その対象になっている商品情報を理解しておく必要があります。

当社で提供している楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、Amazonでの商品・受注・在庫一括管理サービスであるEC24では、このような楽天市場で検索対象になっていることを項目欄に説明しておりますので、検索対策漏れを無くすことが出来ます。

しかし、単純に検索キーワードを並べるのではなく、どのようなキーワードが良いのか、どのような配置にしたら良いのかなどは工夫が必要になりますので、検索対策を行う場合は以下の書籍からキーワードについて読んでおいた方が良いでしょう。


09. 1月 2015 by EC技研
Categories: EC24-多店舗展開システム, 楽天市場 | 楽天市場での検索対象項目 はコメントを受け付けていません。